Q&A質問コーナー

Q1:個人調査書の「4.学習の記録」について、3学年の成績は平均を入力すれば良いのでしょうか?

A:その通りです。3学年、1,2学期の平均評定をご入力下さい。

Q2:個人調査書の「5.卒業後の記録」について、現役3年生の場合はどのように記入すれば良いのでしょうか?

A:現役3年生の場合は、『特記事項なし』とご記入下さい。空らんでも結構です。

Q3:個人調査書の「7.出欠の記録」について、3年については,2学期末までの欠席日数を入力すれば良いのでしょうか?

A:その通りです。3年は、2学期末までの欠席日数で入力・記入をお願いします。

Q4:出願システムの「個人調査書」・「推薦書」にある「生年月日」に、平成の元号がない?

A:出願システムでは、「西暦」で記入をお願いしております。
「2個人情報」を開き、生年月日で 2005/12/21 のように入力すると「年」「月」「日」は自動で表示されます。

Q5:複数の担任(クラス)で、同時に入力作業をおこなうには?

A:出願システム・フォルダ内の「2021担任.xlsm」を、各担任の先生が入力作業をおこなうコンピュータにそれぞれコピーして、ご利用ください。
逆に、「2.個人情報」のクラス番号を途中から書き換えることで複数クラスの処理を行うことも可能です。

Q6:過年度卒業生の入力はどのようにすれば?

A:便宜上、いずれかのクラスにおいて、表紙メニューから「2個人情報」を開き、クラスの最後の出席番号を割り当てておきます。あとは「氏名」等の必要項目を入力して作業をはじめてください。
その後は他の生徒と同じように、表紙メニューから入力作業を進めていくことができます。

Q7:調査書などの印刷画面で「マクロ」が動かない・・・?

A:出願システム「担任用ファイル」の「調査書」「推薦書」などの画面で「マクロ」が動作しないときは、以下の3点をご確認・お試しください。

  1. 「マクロ」が無効になっていませんか。ファイルを開くときに、ご使用のExcelのセキュリティ警告表示の【オプション】より【このコンテンツを有効にする】に設定してください。
  2. 表紙のボタンが機能しますか。機能しなければ、マクロ機能が無効化または削除されている可能性があります。ダウンロードが困難な場合は、米子北高までご連絡ください。
  3. Excelのメニューで「校閲タブ」をクリックします。さらに、「シート保護の解除」ボタンをクリックします。その際、書式の変更などのないようにご注意ください。
Q8:担任用ファイルで作成したデータが出力できない。どうしたらよいか?

A:担任用ファイルで入力、調査書などの印刷を終えたあと、任意の場所にデータを保存しようとしても「ドライブ名が不正です」などとして、データの出力ができず、「合同」にデータの移動ができない時があることを確認しました。このような場合は以下の方法でデータの移動をお願いします。

    1. 「担任」・「合同」両方のファイルを開いておきます。
    2. 「担任」の「志願者名簿」タブをクリックし、作成したデータを表示させて下さい
    3. 作成したデータを選択して、コピーします。
    4. 「合同」に切り替えて「志願者名簿」タブをクリックし、「テキストのみ」ペーストします。
Q9:「2021合同」の受験者名簿で四隅のマーカー(目印)が印刷できない。/志願者名簿の印刷が途中で切れてしまう。

A:用紙は「B4判」をお使いかどうか、ご確認ください。また、「B4判」でもうまくいかないときは、「印刷プレビュー」画面の「ページ設定」をクリックし、下図のように設定変更をお試しください。

Q 10:エクセルが『2007』なのだが、マクロは動くのか?

A:ご安心下さい。エクセル2007でもマクロが動くことを確認しています。ただし、それよりも古いものになると動かない可能性があります。できるだけ「2010」以降のエクセルをご使用ください。

Q 11:志願者名簿が印刷できない。マクロは動いているようだが?

A:ご確認下さい。受験生のデータに未入力があるとデータを並べ替えることができず、印刷できなくなることがあります。性別など入力漏れはありませんか。また性別は、「男」=「1」、「女」=「2」という表記になります。

Q 12:いろいろ確認したが、やはりうまくいかない。とうしたら良いか?

A:ご迷惑をおかけして申し訳ありません。下記までご連絡をお願いします。

連絡先:米子北高等学校・川上(0859-22-9371)