茶道部

その道に入らんと思ふ(う)心こそ
我身(わがみ)ながらの師匠(ししょう)なりけれ
〜利休道歌〜

おもてなしの心を磨く 米子北高校茶道部

 

中学生の皆さんへ

私たち茶道部は、1年生から3年生まで総勢10名の賑やかで個性豊かな集まりです。
毎週1回の練習日には、いつも明るく和やかな笑い声が聞こえます。
1年生は先輩方のお点前を見学したり、ふくさ捌きや盆略点前などの基礎から教わります。
練習の度にできることが増えるのでどんどん楽しくなります。
2、3年生は、行事のたびに上達し、堂々とお手本を披露できるようになりました。

放課後、授業の緊張感から解放され、甘〜いお菓子と一緒にいただくお抹茶は、私たちに至福の時を与えてくれます。
作法の習得もさることながら、楽しいおしゃべりの場にもなる茶道部は、とても居心地の良い癒し空間です。
裏千家茶道のお稽古を通して、私たちは「和の心…おもてなしの心」を磨いています。

 

私たちの活動

  1. 練習日:毎週1回(火曜日)放課後の2時間程度
  2. ボランティア活動:デイサービスセンターにてお年寄りに出ちゃう
  3. 米子市学校茶道体験発表会参加: 7月
  4. 学校祭: 9月
  5. 米子市民大茶会: 10月

平成27年度全国高等学校総合文化祭に初出場!

平成27年7月、全国高校総合文化祭3茶道部門に初めて出場しました。
開催地である滋賀県は、茶道発祥の地とも言われ、高校の茶道部員が千名も活動しているとのこと。
全国から集まる茶道部員との交流を楽しみながら、趣向を凝らした茶会に参加させて頂いただくなど、心に残る貴重な経験となりました。

活動の一コマ

練習風景

部員が増えてこの盛況ぶり!順番待ちもしかたないかなぁ。

 

学校祭

今年の文化祭のお菓子はどれかな?お楽しみに・・・

学校茶道体験発表会

星茶で出されたお菓子。金魚が涼しそう!  体験発表の様子  星茶席

米子市民大茶会

快晴に恵まれ、心地良い一日になりました。

大勢のお客様にお越しいただき、賑やかな席となりました。
裏方も大変でしたが、頑張りました。皆さんお疲れ様でした。

デイサービスセンターでの星茶ボランティア

おしゃべりも弾みました。まず部員がお点前を・・・。今度は交代。昔の感覚が戻ってきましたよ。

和敬清寂(わけいせいじゃく)
「和」とは、お互いに心を開いて仲良くするということ。
「敬」とは、尊敬の敬で、お互いに敬いあうという意味。
「清」とは、清らかなという意味で。目に見えるだけの清らかさではなく、心の中も清らかであるということ。
「寂」とは、どんなときも動じない心。

裏千家HPより

※この4つの文字の中には、すべてのお茶の心がこめられていると言われています。
お茶を飲むとき、お点前をするとき、また、お客様になったとき、お招きしたときなどに、この「和敬清寂(わけいせいじゃく)」という言葉を思い出し、お稽古に励みたいと思っています。