サッカー部

2019年度の活動をスタートしました。総タイトル獲得!を目標
1年生新入部員42名を加え、総勢102名で始動しました。 今年度もご声援よろしくお願いします。

部訓「心・技・体・和」のもと、サッカーを通して強い精神力を養い、将来につながる人間性の育成に励んでいます。
厳しい中でも目標に向かい精一杯努力する力、人間力を磨きながら自己表現する力を身につけさせることで、土台作りに努めています。全員で粘り強く戦い、各試合を通して成長していきたいと考えています。

部員紹介はコチラ

 

新着情報

2019中国プリンスリーグ 5連勝で首位キープ!

第13節・広島皆実高校戦 3-0 ( 0-0 3-0 )で快勝!10勝2負1分とし、勝ち点を31に伸ばす。

前半 0-0

両チームとも中盤でのボールの奪い合いが続き、フィニッシュの形をつくることができず、シュートを放てない。1本のシュートのみで前半を終える。

後半 3-0

前半の反省から、積極的にゴール前での攻撃を仕掛ける。6分、右サイドの林のFKを高橋が頭で押し込んで先制する。高橋にとって復帰初のゴールとなる。28分、後藤からパスを受けた中田が中央を突破して2点目を奪う。33分、林の右CKを後藤がヘディングで決めて3点目を奪う。3-0で完勝。



DF高橋祐翔選手 J1大分トリニータに内定!

先輩・昌子選手のように世界で通用する選手になりたい!

J1大分トリニータにDF・高橋祐翔選手の来季入団が内定し、9/2に会見が開かれた。大分の西山強化部長は「高身長で貴重な左利き、足元の技術が高くスピードもある」と高く評価。高橋本人は「素晴らしいチームでさらに成長したい。先輩の昌子源選手のように世界で活躍できる選手になりたい」と今後の抱負を述べた。米子北高として7人目のJリーガー誕生となり、今後の活躍に期待する。


中国プリンスリーグ 9勝2敗1分で勝ち点28と伸ばし、単独首位!

第12節・広島県瀬戸内高校戦 4-1 ( 3-0 1-1 )で勝利!

得点者

3分、中田 … 﨑山のパスカットからつなぎ、右足で中央10mを決める。

17分、﨑山 … 右サイドからドリブルで持ち込み、右45゜から8mを決める。

39分、横山 … 左サイド﨑山からのスローイングを原田が奪い、中央の横山につなぎ正面10mを決める。

ロスタイム3分、林 … 佐野から中央の林につなぎ正面15mを決める。

第11節・就実高校戦 3-2 ( 1-2 2-0 )で逆転勝利!

得点者

13分、林 … 中央で後藤、竹中から林へつなぎ正面10mを決めて先制。

25分、26分と立て続けに失点し、逆転される。

61分、中田 … 林のクロスが中央で混戦となり、こぼれ球を奪った中田が正面12mを決めて同点とする。

69分、原田 … 正面17mのFKを直接決めて逆転する。


沖縄インターハイ 第3回戦敗退 ベスト8進出ならず

第3回戦・西京高校戦 0-2 ( 0-1 0-1 )で敗退。ベスト16

前半 0-1

ボールポゼッションも高くゲームをコントロールする。高い位置からの前掛かりの攻撃を仕掛ける。17分、カウンター気味に攻められ、DF野嶋がエリア内で倒してしまいPKを与え先制される。前半を0-1で折り返す。

後半 0-1

前半のハンディを取り戻すべく前掛かりの攻撃を仕掛ける。7本シュートを放つも得点に結びつかず。ロスタイムに入り全員で攻撃を仕掛けたところをカウンターで決定的な追加点を奪われ、0-2で敗退した。



沖縄インターハイ 第2回戦 突破!

第2回戦・長崎日大高校戦 1-0 ( 1-0 0-0 )で勝利し、3回戦に進出!

前半 1-0

ボールを支配し、ゲームをコントロールする。ロングボールを使い前掛かりの攻撃を仕掛ける。23分、CB岡田大からのロングボールがこぼれ球となり、これを中田が拾い中央を突破して先制する。DF陣も相手に1本のシュートを打たれるだけの完璧の守備で、前半を1-0で折り返す。

後半 0-0

前半同様、ゲームの流れを掴むが、得点に結びつかない。中盤でのボールの奪い合いが続く。相手チームも1本のシュートしか放つことができず、前半の1点を守り切り1-0完勝し、3回戦に進出決める。



もっと見る