サッカー部

2019年度の活動をスタートしました。総タイトル獲得!を目標
1年生新入部員42名を加え、総勢102名で始動しました。 今年度もご声援よろしくお願いします。

部訓「心・技・体・和」のもと、サッカーを通して強い精神力を養い、将来につながる人間性の育成に励んでいます。
厳しい中でも目標に向かい精一杯努力する力、人間力を磨きながら自己表現する力を身につけさせることで、土台作りに努めています。全員で粘り強く戦い、各試合を通して成長していきたいと考えています。

部員紹介はコチラ

新着情報

プリンスリーグ第10節快勝!勝ち点を22に伸ばし首位キープ!

第10節・大社高校戦 2-0 ( 1-0 1-0 )で勝利!7勝2敗1分とする。

前半 1-0

立ち上がりからボールを支配し、ゲームをコントロールする。9分、CB岡田大からのロングボールに中央で植田が反応し、右足を振り抜き13mのシュートを決めて先制する。前半を1-0で折り返す。

後半 1-0

前半同様ボールを支配し前掛かりの攻撃で相手ゴールを狙う。走力が落ちてきた相手チームに攻撃の隙を与えない。28分、為本のパスを相手DFがクリアミス、これを中田が奪いドリブルで持ち込んで2点目を奪う。これが決勝点となり2-0で勝利した。



プリンスリーグ第9節勝利!首位奪還!

第9節・岡山県作陽高校戦 2-1 ( 1-0 1-1 )で勝利し、勝ち点を19に伸ばし首位に返り咲く!

前半 1-0

立ち上がりから中央でのボールの奪い合いが続く。お互いに有効な攻撃を仕掛けられない。20分、植田の左CKを中央で岡田大が頭でつなぎ為本がシュート、相手DFにあたりこぼれ球となったところを再び為本が押し込んで先制する。前半を1-0で折り返す。

後半 1-1

後半も中盤を中心としたボールの奪い合いが続く。32分、左サイドのFKを直接頭で押し込まれて同点とされる。ロスタイム3分、GK岡からのロングボールを中央で中田が奪いドリブルで仕掛けてシュートを放ち、勝利を決定づける2点目を奪い、2-1で勝利した。

 



プリンスリーグ第8節 敗戦、首位陥落(>_<)

第8節・立正大淞南高校戦 1-3 ( 0-2 1-1 )で完敗。

前半 0-2

植田・﨑山の2トップにボールを集め、高い位置からの攻撃を仕掛けようとするが、セカンドを奪われ思うような展開ができない。15分、左サイドからの切り返しで中央を破られ先制される。29分にも左から中央を突破され2点目を奪われる。前半を0-2で折り返す。

後半 1-1

前半同様、前掛かりの攻撃でゴールを狙う。19分、中央の混戦から岡田大がボールを奪い、そのまま押し込んで1-2とする。これが契機となり、攻撃に厚みが出はじめ、何度もチャンスを掴みゴールを狙うが得点に結びつかない。37分、GK岩田がエリア内でPKをとられ3点目を献上する。3-1で完敗した。首位決戦であったが、立正大淞南高校に首位の座を奪われる。



2019 プリンスリーグ中国 首位キープ!

第7節・ファジアーノ岡山U18戦 1-0 ( 0-0 1-0 )で勝利し、勝ち点を16に伸ばし、単独首位!

前半 0-0

前掛かりで攻めるが、決定力に欠け前半を0-0で折り返す。

後半 1-0

23分、右サイド田中秀からのスローイングが中央で混戦となり、こぼれ球を林が押し込んでようやく先制する。これが決勝点となり1-0で勝利した。


第66回 中国高校サッカー選手権大会 優勝!

決勝戦・立正大淞南高校戦 2-1 ( 1-1 1-0 )で勝利し、初優勝を遂げる!

前半 1-1

両チームとも激しいボールの奪い合いをくり返す。13分、中央の林から左サイド岡田大につなぎ、岡田が前線にロングボールを上げる。これに植田が反応して抜け出し先制する。14分、左サイドのFKを直接叩き込まれて同点とされる。前半を1-1で折り返す。

後半 1-0

8分、田中秀の右サイドのスローイングから植田がドリブルで持ち込み中央の林につなぐ。林からのパスを受けた原田が相手GKをかわして右45°から押し込んで2-1とする。これが決勝点となり、悲願の優勝を果たした。

 



もっと見る