吹奏楽部

ごあいさつ

2004年・夏・徳島総文にて

私たちの大切なうた 合唱曲 『虹』

『大好きなことを続けてこられたのも周囲の支えがあってこそ。育ててくれた両親と、かけがえのない仲間への感謝と自分への自信を胸に新たな明日へ歩んでいきます』

作詞・作曲は2006年度の部長、舟木洸介さん。自分自身の高校3年間を振り返りながら作ったという、いまでは私たちの大切な歌です。これからも歌い継いでいきます。

 

目指しています

さまざまな場でのコンサートなど、できるだけ多く発表の場をもつことを心がける私たちのモットーは、「高校生としてするべきことをちゃんとする」。これを基本に、より豊かな人間的成長を目指し、日々の活動をおこなっています。

活動は校内に始まり、鳥取県の内外まで幅広く展開しています。
2004年夏に参加した全国高等学校総合文化祭(徳島県)では音楽を通じた出会い・交流の素晴らしさを実感、2019年夏には全日本吹奏楽コンクール中国大会の連続出場35回を更新し、さらなる挑戦を続けています!

今後も地域のかたや全国の仲間と熱~い感動を分け合えるような、積極的で充実した活動を目指しています。

顧問・指揮:竹 田 大 助
部  員  一  同

 

新着情報

吹奏楽部:アンサンブルコンテスト県大会

吹奏楽部は12月15日に鳥取市のとりぎん文化会館(梨花ホール)で行われた第42回全日本アンサンブルコンテスト鳥取県大会に参加しました。出場したのは、フルート3重奏とクラリネット4重奏、サキソフォン5重奏、金管八重奏の4チーム。

このうち、フルート・サキソフォン・金管の3チームが、2月に同じ会場で行われる中国大会に県代表として出場することになりました。


吹奏楽部:コンクール県大会通過、35年連続で中国大会へ

812日(月)、倉吉未来中心で行われた第59回全日本吹奏楽コンクール鳥取県大会において吹奏楽部が米子東高、米子西高とともに鳥取県代表として中国大会へ進むことが決まりました。大会当日は保護者、卒業生など多くの皆様の声援を受けて練習の成果を十分に発揮することができました。ありがとうございました。

残されたあと10日ほど、さらに精一杯取り組んで参ります。引き続き、ご声援よろしくお願いします。

中国大会について

60回全日本吹奏楽コンクール中国大会/824日(土)高等学校の部 / 山口県 周南市文化会館


吹奏楽部:第43回全国高等学校総合文化祭さが大会参加

7月31日(水)、佐賀市文化会館で行われました総文吹奏楽部門に参加してきました。私たちが演奏したのはプッチーニの歌劇「マノン・レスコー」より  に続き、野球応援でもおなじみの「セント・トーマス」この2曲。今回の総文も全国から集まった38団体がそれぞれの特色を発揮し、聴きごたえのある演奏やパフォーマンスを披露しました。

3泊4日の遠征でお世話になった方がた、当日の会場でお世話になった運営の皆さま、どうもありがとうございました。

 



吹奏楽部 東みずほコンサート

5月28日、今年度も恒例のコンサートをおこないました。

東みずほ幼稚園のかわいい園児達と楽しく交流させて頂きました。また、園の先生方には大変お世話になりました。本当にありがとうございました。



吹奏楽部 高校音楽会に参加

5月25~27日、倉吉未来中心で第66回鳥取県高等学校総合音楽会が行われました。

私たちは夏の全国高等学校総合文化祭に出場させて頂くことになっており、初日の午前に行われた開会式では部長が部を代表しての挨拶に参加しました。

部を代表して決意を述べた部長
部を代表して決意を述べた部長

2日目は「吹奏楽の部」全部員63名が参加し、プログラムの最後を飾りました。

 

そして3日目は「独奏・デュエットの部」。

5名が参加し、フルート独奏、クラリネット独奏、トランペット独奏はそれぞれ優良賞。フルート二重奏は最優秀賞を頂きました。

 

 



もっと見る