吹奏楽部

ごあいさつ

2004年・夏・徳島総文にて(中央は当時の指揮者:竹田大助先生)

私たちの大切なうた 合唱曲 『虹』

『大好きなことを続けてこられたのも周囲の支えがあってこそ。育ててくれた両親と、かけがえのない仲間への感謝と自分への自信を胸に新たな明日へ歩んでいきます』 ・・・・・この歌を定期演奏会、地域の演奏会、学校行事などで大切に歌い続けています。

手話を交えた合唱「虹」は私たちの大切な曲です

作詞・作曲は2006年度の部長、舟木洸介さん。自分自身の高校3年間を振り返りながら作ったという、いまでは私たちの大切な歌です。これからも歌い継いでいきます。

 

目指しています

さまざまな場でのコンサートなど、できるだけ多く発表の場をもつことを心がける私たちのモットーは、「高校生としてするべきことをちゃんとする」。これを基本に、より豊かな人間的成長を目指し、日々の活動をおこなっています。

活動は校内に始まり、鳥取県の内外まで幅広く展開しています。
2004年夏に参加した全国高等学校総合文化祭(徳島県)では音楽を通じた出会い・交流の素晴らしさを実感、2021年夏には全日本吹奏楽コンクール中国大会の連続出場36回を更新し、さらなる挑戦を続けています!

今後も地域のかたや全国の仲間と熱~い感動を分け合えるような、積極的で充実した活動を目指しています。

顧問・指揮:大 曲 義 和
部  員  一  同

 

新着情報

吹奏楽部:定期演奏会ご報告

3月13日、米子市公会堂にて開催いたしました、第36回定期演奏会。無事に終えることが出来ました。お越しいただいた皆様、これまで支えていただいた皆様方に厚く御礼申し上げます。
今年も収容定員の50%で開催いたしましたので、ご案内が限定的なものとなってしまいました。来年度は100%で開催できることを願うばかりです…
コロナ第6波の最中で、度重なる休校や部活停止の中での本番でした。練習不足等によるお聴き苦しい点も多々あったかと思います。申し訳ありませんでした。しかし、ホントに限られた時間の中で、部員達はよく明るく前向きに取り組んでくれたと思っています。この事は素直に褒め称えたいと思っています。

今後ともご声援・ご指導等を賜りますようお願い申し上げます。ありがとうございました!



吹奏楽部:アンサンブルコンテスト中国大会結果報告

2月6日、山口県の周南市で開催されました、第45回全日本アンサンブルコンテスト中国大会に参加して参りました。そして結果は、

  • クラリネット五重奏…銀賞
  • サクソフォン六重奏…銀賞
  • 金管八重奏…金賞      をそれぞれ受賞しました。

コロナ禍でここ2週間は部活停止の中で、どうなることかと思っていましたが、出演の部員は諦める事なくやり切ってくれました。

これから活動がどのようになっていくのか心配でなりませんが、先細りとならないよう、出来る限りを尽くして夏の大会に備えたいと思います。

ご協力・ご声援をいただいた皆様、ありがとうございました!



吹奏楽部:第44回全日本アンサンブルコンテスト鳥取県大会

3チームが中国大会へ!

アンサンブルコンテスト鳥取県大会が12月12日の日曜日、米子市公会堂で開催されました。本校吹奏楽部より、①フルート四重奏、②クラリネット五重奏、③サクソフォン六重奏、④木管五重奏、⑤金管八重奏の計五チームが出場いたしました。

そのうち、②クラリネット五重奏、③サクソフォン六重奏、⑤金管八重奏の3チームが県代表として中国大会への推薦をいただきました。2月6日(日)山口県周南市で開催される中国大会では、鳥取県代表として恥じないよう、力の限りを尽くしていきたいと思います。地域の皆様、どうかご声援を賜りますようお願い申し上げます。

大会結果
    1. フルート四重奏 銀賞
    2. クラリネット五重奏 金賞・県代表(第1位)
    3. サクソフォン六重奏 金賞・県代表
    4. 木管五重奏 銀賞
    5. 金管八重奏 金賞・県代表(第2位)


吹奏楽:中国大会36年連続出場を果たす!

8月20日、2年ぶりに開催された吹奏楽コンクール。竹田大助先生の後を引き継ぎ、今年度より大曲義和先生の指揮によるステージが始まりました。中国大会では例年どおり?の『銀賞』をいただきましたが、これで満足するわけにはいきません。現在は3年生が引退し、1,2年生による新体制でスタートしています。部内の活動の見直しを図り、より良い雰囲気の構築や更なる演奏技能の向上を目指して突き進んでいきたいと思います。今後とも吹奏楽部へのご声援を賜りますよう、お願い申し上げます。

課題曲:僕らのインベンション、自由曲:歌劇「トスカ」より  会場:島根県民会館・大ホール

 

12分間の演奏を終えた瞬間、やり終えた充実感を味わいました

 

演奏を終えたメンバーの面々はどれも笑顔

吹奏楽:第35回定期演奏会

2020年の3月に予定しておりました第34回定期演奏会はコロナ禍のなかで中止を余儀なくされてしまいましたが、2021年の定期演奏会は回も改めて第35回とし、3月14日の開催となりました。

会場はホール定員の半分のお客様のみとしたうえ、定期演奏会を楽しみにしていた卒部生の皆さんには前日のリハーサルを公開するなど、いつもとは違う態勢で臨んだ演奏会でした。

開催にあたってご協力頂いた皆さま、部員を力強く支えて下さった保護者の皆さまのおかげで定期演奏会を無事に終えることができましたことを心より感謝申し上げます。長年の間、指揮を務めました竹田大助顧問(写真右)はこの定期演奏会をもちまして大曲義和顧問(写真左)にバトンタッチ。今後も米子北高等学校吹奏楽部をよろしくお願いします。

前日朝からのリハーサルで仕上げ

 

さあ、本番!  演奏会のスタートはクラシックステージ
ゲストステージの後はポップスステージ

カッコよくパートソロをキメて、
ダンスチームも大活躍です
3年生がステージに並び、部長が代表して感謝の言葉を述べました
合唱『虹』は手話つきで披露
今後も吹奏楽部をよろしくお願いします。

もっと見る